電気とガスの給湯器に関しての説明

電気とガスの給湯器について

普段何気なく使用している給湯器には、ガスタイプの給湯器と電気タイプの給湯器の2タイプがあり、それぞれ特徴を持っている。 ガスタイプの給湯器は、いつでも湯切れすることなく使用でき、一度にたくさん使用しても耐えられ、最新のガス給湯器は、排気の熱までも利用して水を温めるため、ガスの使用量も少なくなってる。初期費用は 電気タイプの給湯器は、予め備え付けてあるタンクに湯を貯めるため、タンクの湯を使い過ぎてしまうと湯切れを起こしてしまう。また、シャワーからの水圧は弱めである。最新の電気給湯器は、深夜の安い電力を利用してお湯を作るため、ガスタイプより経済的ではあるが、湯切れを起こしそうになると自動的に湯を沸かすため、そうなってしまうと電気代は割高となってしまう。 どちらのタイプの給湯器にするかについては、その世帯の構成よって違い、大家族の場合、大量にお湯を消費する時間も出てくるため、電気タイプではなくガスタイプの給湯器がオススメ。逆に、1〜4人でお湯を使う時間がマチマチであり、まとめてお湯を使わないといった場合は、電気タイプの給湯器がランニングコストが安くなる。また、設置するための初期費用は、断然ガスタイプの給湯器が安いが、上手に使っていくことができれば電気タイプの給湯器がお得なのである。